読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴、どんどん増えていませんか?カテゴリー分けをしてパンプスやサンダルをすっきりさせよう

f:id:two-tone-life:20160401182417j:plain

女性の方は、靴をたくさんお持ちではありませんか。
仕事用、お出かけ用のパンプス、ローファー、コンビニ用のぺたんこ靴、結婚式用のハイヒール、スポーツ用のスニーカー、
雨の日用のレインブーツ、夏はサンダル、ウエッジソール、冬はロングブーツにショートブーツ、ムートンブーツも欠かせない…
 
こんな調子で、玄関先は靴がいっぱいではありませんか?
収納先の靴箱も、靴でいっぱい!
何人分あるんだろう。これを履くのは私しかいないのに…
と心の中でつぶやいてしまった人もいるかもしれません。
でも、スカートを履いて足をきれいに見せたい時は、ヒールの高いサンダルが合いますよね。
一人でぶらっと買い物する時は、パンツスタイルにローヒールのローファーが心地いい。
冷え性だし、寒い時はしっかりブーツで足元を暖かくしたい。
春になったら、春色の軽やかなパンプスに履き替えたい。
 
どの靴も出番があって、必要な気がしてなりませんよね。
もっとスッキリとシンプルにしたい気持ちはあるのに…。
「これさえあればいい!」と思えるような、究極の一足はないのでしょうか。
 

「シーンに合わせて使い分け。カテゴリーで考えよう」

「歩きやすさ、暖かさ、見た目の綺麗さ等、全てを兼ね備えたような
運命の一足があれば、こんなに靴を持たなくても済むのに。もっと靴箱をスッキリさせたい。」
そう思い、運命の一足を色々探してみたあなた。
でも、きっと程なくして気づくはずです。
「すべてまとめてコレというのは無い!」ということに。
では、靴をどのような基準で選べばいいのでしょう。
重要なのは、運命の一足に絞り込むことではなく、
シーンに合わせて使い分けを考えることが大切です!
 
季節と用途で、次のようにカテゴリー分けをしてみました。
 
通年
1、アウトドア用スニーカー
2、スポーツ用の靴
3、街用パンプス
 
春夏
4、街用サンダル
 
秋冬
5、アウトドアブーツ
6、街用ブーツ
 
その他
7、結婚式用
 
春夏の街用(お出かけ用)サンダルは、ヒール無しもあれば、
デートやお食事に履いていくヒール有りのタイプなどがあると思います。
ヒールの有無なども必要次第で考慮に入れてください。
 
アウトドアに行かないし、近所を散歩することも無いという方であれば、
アウトドア用スニーカーは必要無いですね。
また、雪が積もる場所に行かない方なら、アウトドアブーツも必要無さそうです。
趣味やお住いの地域によって、必要となる靴の種類が大きく違ってきますね。
 

「その靴、本当に必要ですか?」

では、カテゴリー分けした1〜7に、今持っている靴を振り分けてみましょう。
私の場合、驚いたことがありました。
それは「1〜7どこにも属さないどうでもいいような靴」を意外とたくさん持っていたことです。
例えば「安いし可愛いから」と思って買った冬素材のパンプス。
デートや食事といったお出かけには地味だし、冬本番には寒いから、結局履くのはブーツばかり。
ほとんど使われないまま2年以上靴箱の肥やしになっていたのでした。
 
履き心地の良くない靴は、使わずに靴箱の肥やしになっていることが多いのではないでしょうか。
ヒールの高いサンダルなど。
足が痛くなりそうな靴は、なるべく買わないでおきたいですね。
すでにそのカテゴリーの靴を2〜3足持っているなら、なおさら。
他に代わりをお持ちなら、買っても履かなくなってしまう可能性が高いです。
 
逆に、通年使える素材のバレエシューズ型の黒色パンプスなどは、
使えるタイミングが多くて重宝します。
アウトドアブーツは、スキーやスノーボードに行く時や、雨や雪が沢山足にかかりそうな郊外へ出かける時は、
とても便利です。
 

「使える靴だけで、玄関をスッキリさせよう」

せっかく靴を買うのであれば、「使う」ために買いたいですよね。
「あってもなくてもどっちでもよかった」という靴を買ってしまっても、
保管場所がもったいないですし、買うお金も無駄ですよね。
 
何が欲しいのか、用途はいつなのか、を考えて、使える靴をゲットしましょう。
そのために、ぜひ先ほど紹介した1〜7のカテゴリー分けを参考にしてみてください。
すでに自分はどんな靴を持っていたかを把握するために、
スマホで写真を撮っていつでもチェックできるようにするのもいいですね。
 
用途のはっきりしない、なんとなく可愛い靴というのは要注意ですよ。
 

「靴をネットで買う?」

靴は必ず試着して購入するのが良いと思います。
ハイヒール、サンダル、パンプスは特に履き心地が大切ですよね。
でも、例えばコンバースのスニーカーなど、いつも履いていてサイズも分かっているスニーカーは、
ネットでの購入もおすすめします。
サイズや形が同じものは安心して買うことができるからです。
靴屋さんに行く時間、交通費、重い荷物を持って帰る手間も省けます。
店舗では手に入らないような、限定の色や柄を見つけることができるのも魅力の一つ。
店舗には無いビッグサイズが買えるネットショップもあるので、大きいサイズの方にも便利です。
amazon楽天市場を見てみると、たくさん商品が揃っています。
ぜひ覗いてみてください。