読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/1「株の”底値買い”に失敗しない方法」のまとめ

f:id:two-tone-life:20160403014346j:plain

持っている株が暴落。どうしたらいい?

・現在日経平均1万6千円台。
・持っている株の業績は悪くないのに、わけもわからず株価は下落しているとショックだが、持ち続けてみよう。
・最終的には、一つ一つの企業が、ちゃんと業績を伸ばしているのかどうか、が見極めのポイントになる。
・いくらで買うのが安いのか?はよく考えよう。底値を見て少しずつ買い増ししていくのが良いのだが、資金が全部尽きてしまって本当に大幅に下がった時に買い増せないことは避けよう。
 

底値の株を買う正しいタイミングとは?ここがポイント!

・株によって下げ止まるポイントを知っておく(過去のチャートを知っておく)
・過去10年の株価チャートを見てみよう。
・半値八掛け二割引(はんねはちがけにわりびき)=株価が半分になった時に買ったとしても、さらにそこから八掛けして、二割引されるまで、底値は下がりますという格言。
・細かいところばかりを見て、全体を見ていないという「木を見て森を見ず」という格言があるが、今はそれを実践してみよう。(木だけを見ていればいい時もある)
・短期売買など、別の投資方法にシフトせず、こういう時こそ今まで通りのやり方をコツコツ続けよう。
・余裕資金として、(底値で買う為に)投資できるお金の3割くらいは現金で持っておくことが必要。
 

一万円台から買える、今こそ買いの底値株

・yahoo…13%下げている。5万円以下で買える。
セブン銀行…13%下げている。5万円以下で買える。
日本駐車場開発…23%下げている。配当利回り3%。
三井物産…4.8%の高利回り。商社の株は、業績の良い悪いを繰り返す傾向にある。今は底値に近いので、今買うのがお得。13万円くらいから。
 
 
いかがでしたか?
こういう時は「木を見て森を見ず」を心がけたいですね。
底値というのは見極めるのはほとんど不可能と思える程、難しいものです。
余裕資金として投資できるお金の3割くらいは現金で持っておく、
というのも有効なアイデアかもしれませんね。
 
※あくまで、いちリスナーが勝手に聴いてまとめるサイトですので、
詳しい情報等は「オトナカレッジ」のホームページをチェックして、実際に聴いてみてくださいね。
podcast「マネー学科」の補足として、このサイトをご活用くだされば幸いです。